Artifact 専門用語まとめ

ゲームの詳しい内容については以下の記事をどうぞ。

「Artifact」プレイレポートと感想

ユニット:クリープ、またはヒーロー

アクティブ(数字):アクションフェイズ中に使用できる能力。スタン、沈黙状態の時は使用できない。(数字)は再使用に必要なラウンド数を示す。

攻撃力:ユニットがバトルで与えるダメージ

防御力:ダメージの軽減量。マイナスにもなる。マイナスになったら受けるダメージがその分増加する。

増強:タワーに永続的な効果を与えるカード。遊戯王の永続魔法のイメージ。

修正:永続的なバフやデバフ。ヒーローに対しての修正は、復活後にも適用される。

浄化:修正、一時的効果を取り除く。ダメージは残る。装備品による能力修正には影響しない。

貫通:対象の防御力を無視してダメージを与える

妨害:ヒーロー、もしくはクリープに対して戦闘が行われる状態。

クリーブ:妨害される場合、その妨害ユニットの両隣のユニットへクリーブ値のダメージを与える

近接する敵:対象ユニットの左斜め上、正面、右斜め上のユニット。

挑発:近接するユニットは、挑発したユニットへ攻撃対象を変更する。

死の宣告:破壊。死亡回避シールドで防げる。

死亡回避シールド:ユニットが死亡する場合、シールドが消えてヘルス1の状態となる。

再生:戦闘フェイズ中に再生値のダメージを回復する。回復は死亡判定前に行われる。
ex ) 再生2を持つヘルス7のヒーローが戦闘フェイズで8ダメージを受けた場合、ヘルス1で生き残る。

報復:攻撃を受けた場合、攻撃ユニットに報復値のダメージを与える

攻城:妨害(ブロック)されている場合、敵タワーに攻城値のダメージを与える。

スタン:効果は以下の通り。
1. 戦闘対象にダメージを与えられない
2. アクティブアビリティ使用不可
3. 同色カードのプレイが不可

ex) 赤ヒーローが一体のみの状態で、そのヒーローがスタンした場合、赤色のカードが使えなくなる

沈黙:効果は以下の通り。

  1. アクティブアビリティ使用不可
  2. 同色カードのプレイが不可

先手を取得:この表記がカードにある場合、即座に次のプレイを行うことが可能。
また、そのアクションをパスした場合、次のレーンでの最初に行動を行うことができる。

チャージ:特定の行動によって蓄積する値。チャージの値の回数、効果を繰り返すカードなどがある。

ロック:ロックされているカードはプレイできない。ロック値はラウンド終了時に1減少する。

泉:ヒーローの待機場所。ヒーローが死亡すると泉に移され、1ラウンドのクールダウン後に再配置される。
死亡せずに泉に移された場合は次のラウンドで再配置される。

DCG, Artifact

Posted by sumineko