ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP プレイレポート

今回は、ドラゴンクエストモンスターズシリーズの20週年を記念して本日(2018/11/07)配信開始されたドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSPのプレイレポートをお届けします。本作品は、ゲームボーイで発売された初代作品であるドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドのリメイク作品でもあります。詳しい内容は以下の目次の通りです。

私自身、初代ゲームボーイ版のテリーのワンダーランドを小学生低学年の頃にプレイし、多くのシリーズ作品、3DSのリメイク版もプレイしました。ドラゴンクエストシリーズの中でも特に好きなタイトルなので、この記事を読んで多くの人に手に取ってもらえたら嬉しい限りです。

アプリ概要

  • タイトル:ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP
  • ジャンル:RPG
  • 通常価格:2400円 → 【配信記念セール】11/13(火)まで1600円
  • 推奨端末:iPhone5s 以降 / iPad(第6世代以降)
  • 公式ページ:http://www.dragonquest.jp/dqm_terrysp/

ドラゴンクエストモンスターズって?

本家ドラゴンクエストでは、選ばれし勇者やその仲間達が基本的には世界を救うために、魔王やその手下のモンスター達と戦いながら冒険する世界が描かれます。しかしドラゴンクエストモンスターズでは、敵として戦っていたモンスター達が主役になります。主人公であるモンスターマスターはモンスター達を仲間にし、育成して、戦ってもらいながら冒険します。

本家のシリーズではシリアスな話や世界観が描かれることも多いですが、モンスターズシリーズでは基本的にはほんわかとした世界観を、ジョーカーというシリーズでは近未来的な世界観を描いており、本家とは違ったシナリオを楽しむことができます。

また、ストーリーをクリアするだけでなく、強いモンスターの育成や、モンスター図鑑の完成、自分の好きなモンスターを限界まで強化する、といったやりこみ要素が非常に強いです。時間が足りない。

さらに、携帯機向けに作られているゲームならではの通信対戦もやりごたえがあります。ゲームボーイ時代では通信ケーブルを利用した友達との対戦をした方も多いと思います。

DSで発売されたドラゴンクエストモンスターズ ジョーカーシリーズでは、すれちがい通信や、Wi-Fiを利用したオンライン対戦などが実装され、ポケモンと並んで通信機能が盛り上がっていたタイトルでした。

あらすじ

ドラゴンクエスト6に登場したテリーとその姉であるミレーユの幼少期が舞台となっています。

ある夜、マルタの国の精霊であるワルぼうミレーユがさらわれてしまう。ミレーユをモンスターマスターとしてタイジュの国に導くために、その後にきたわたぼうは、代わりにテリーをモンスターマスターとしてタイジュの国に導く。

テリーはタイジュの国の王様に、もうすぐ開かれるモンスターマスターの祭典「星降りの大会」で優勝するとどんな願いでも叶うと言い伝えを聞く。

そうしてミレーユを助け出すためのモンスターマスターとしての冒険が始まる…

新要素紹介

ベースは3DSで発売された「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D」となっています。

操作性の最適化

大きく画面が3箇所に分かれています。

  • ゲーム画面(画面上部)
  • マップ画面(画面中部)
  • 操作画面(画面下部)

ゲーム画面をタップすることでもカメラを動かすことができます。

通常画面は上のような画面ですが、ゲーム画面、もしくはカメラを手前にドラッグすると

このように俯瞰視点になって操作しやすくなります。

また、操作画面では、よく使うメニューの項目をお気に入りとして登録することで、左下の部分にクイックメニューとして配置できます。

オート戦闘

設定画面の下部分のオート戦闘ONにすると

戦闘になったときに、一切操作を行うことなく戦闘結果が表示されます。

らくらく冒険

指定したダンジョンの最深層まで自動的に冒険を行なってくれる機能です。非常に便利ですがそのかわりに、1時間に1回しか使えません。

このように、経験値やゴールド、アイテム、さらにモンスターも仲間にしてくれることがあります。いつも持ち歩くスマホだからこそ、嬉しい機能ですね。

オンライン他国マスター

メニューの通信から、オンライン他国マスターのロビーへ移動することができます。ここでは、本作を遊んでいる他のプレイヤーのパーティーとバトルすることができます。

勝利すると…

相手パーティーのモンスターが仲間になることも!

さらなるエリア

ストーリーを進めていくと、ダンジョンの最深部より深くに新たな道が開かれる…?僕もまだそこまでストーリーは進めていないので、出現するのが楽しみです。

さらなる多くのモンスター

最新作であるドラゴンクエスト11や、ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカーシリーズからモンスターが追加され、約650種類のモンスターが登場します。公式ページを見ると、ドラゴンクエスト11で壁画世界のボスであった「メルトア」の姿が見えます。好きなデザインのモンスターです。



便利な機能

どこでもセーブ可能・オートセーブ

スマホ版ならでは。

配合時の性別選択可能

配合時に♂と♀の選択が可能となっています。

めっちゃ便利です。ちなみにドラッグで操作が可能で快適です。配合候補は5種類出現します。

クラウドでデータを同期可能

外ではiPhone、家ではiPadで遊びたい!という方、大丈夫です。

アプリのトップ画面から好きなときにクラウドにデータをアップロード、ダウンロードが可能です。バックアップにもなるのでたまにはアップロードしておくと安心だと思います。

シリーズ最新作開発決定!

コンシューマーゲーム機向けのドラゴンクエストモンスターズシリーズ最新作の開発が決まりました。

男女の主人公のイラストは、ドラゴンクエスト11に登場したカミュマヤの幼少期と思われます。

詳細はこちら – 4Gamer.net

Nintendo Switchでの発売でしょうか?オンライン基盤も整っているので、対戦ゲームとしての期待も高まります。テリワン遊びながら気長に待ちましょう。

総評

モンスターを仲間にする方法はスカウト、配合は位階制、プレイヤーが特技を使用可能、モンスターが装備品を身につける事ができたり…と、ジョーカーから追加された新要素を引き継いでいます。

しかし、ストーリー、BGMなど、原作の芯となる要素はしっかり残っています。ゲームボーイ版が好きなプレイヤーも、懐かしさを感じつつ、現代のモンスターズの楽しさを感じることがきっとできます。

さらに、スマホ版に最適化されている操作性も素晴らしいです。ゲームの特性上、細かい移動が必要な場面というのはありませんし、ターン制バトルとスマホは相性がいいのは言わずもがなです。プレイヤーの手間を少なくするようにシステムの最適化が図られており、バトルの高速化や育成の手間の簡易化などを感じることができます。

また、現代ならではの通信要素も備えています。本気のオンライン対戦、とまではいきませんが、十分なものでしょう。プレイヤーの要望で搭載されるのも期待しちゃいますね。ジョーカーの全国大会とかのパーティーやスキル構成、戦術などを見るのがとても好きでした。

スマホは携帯型ゲーム機!というのを強く感じることができる作品でした。有名シリーズを使った基本無料の出来栄え微妙ゲームが量産されている中、落としきりで完成度が高く、スマホと相性が良い作品をリリースしてくれたのはとても嬉しかったです。あと、とてもグラフィックがキレイです。

ダウンロードはこちらから

iOS

Android

おわりに

今回はゲームの紹介でした、いかがだったでしょうか。

僕にとっても思い出に強く残っているゲームなので、このように完成度の高いリメイクで世に出るのはとても嬉しいです。

ちなみに僕は闘技場Fランクをクリアして配合ができるようになったところまでストーリーを進めました。こつこつやっていきたいと思います。

このような記事でよろしければ執筆依頼もお待ちしております。
以下のアドレス、もしくはTwitterまでご連絡ください。

suminekocat☆gmail.com
(☆を@に変えてください)

Twitter:@sumineko_cat

今回の記事について聞きたいことや、他にも書いてほしい記事、執筆の依頼があれば僕のtwitterまでお願い致します。

Amazonのほしいものリスト

https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/1LLXP380QVG66?&sort=default

それでは

ゲーム

Posted by sumineko