TCGのマジックザギャザリングを今更始めた

MTGアリーナを楽しい楽しい言いながらプレイしていたんですが、ついに紙の方のマジックザ・ギャザリングも始めてしまいました。始めたのは2週間ほど前なんですが、自分も始めたい!と思っている初心者の方のためにどうやって自分がMTGを始めたか、用意したいものなどをまとめておきます。

本当に魅力があるゲームで、対面で対戦する楽しさや、実際にカードを触る高揚感を久々に感じることができました。

みんなもマジック、始めません?

今回の記事では説明の他にも、多々自分の感想や実体験を入れています。読みにくくなっていたらごめんなさい。

以下、目次です。

現在までの自分の流れ

  • 09/27 MTGアリーナのオープンβでMTGの魅力を知る
  • 公式ページで近隣の店舗で何かイベントが開催されていないかを調べる
  • ドラフトならカード持っていなくてもいけるか?と思い参加を決意
  • 10/20 店舗でティーチングを受ける・マジック・リーグの存在を知る
  • 10/21 ドラフト・パーティーに参加
  • 10/27 福岡で開催されたマジックフェスタに参加
  • 10/28 2回目のドラフト・パーティーに参加
  • 11/3 スタンダード・ショーダウンに初参加

マジックザギャザリングが始めやすい理由

公式のイベントの豊富さ

イベント種別一覧

上記のページで、マジックザ・ギャザリングがどういうイベントを開催しているかを知ることができます。

これらのたくさんのイベントで、始めたばかりの初心者、デッキを持っているプレイヤー、リミテッドプレイヤーなど様々なプレイヤーが楽しめる場所を作っています。すごいねマジック。

ティーチング・キャラバン

ティーチング・キャラバンというイベントでは、マジックの基本的な遊び方、簡単な世界観や、ルールを丁寧に教えてくれます。

さらに、ウェルカムデッキというものをプレゼントしてくれます。このデッキを使って実際に対戦を行い、理解を深めることができます。

マジックをプレイしてみたい!という方はぜひこのイベントに参加されてみるといいと思います。


自分は、ドラフトならカードを持っていなくても遊べるかな?と思い、勇気を出してドラフト・パーティーというイベントに行ってみることにしました。

実際にドラフト・パーティーが開催されるのは次の日だったのですが、近くに用事があったついでに、お店の方に用意するものがないかなどを聞いておこうと思って店舗に行きました。

その日はティーチング・キャラバンが開催されている日ではなかったのですが、お店の店長さんと遊びに来ていたプレイヤーの方が時間を取ってくれてティーチングをしてくれました。

このようなこともあるので、初心者の方はお店の方の邪魔にならなそうなタイミングがあれば、「初心者なんですけど…」みたいな感じで声をかけてみるとティーチングを受けることができるかもしれません。


マジック・リーグ

マジック・リーグ

詳細は上記の公式ページを御覧ください。

簡単に説明すると、好きなパックを3つ開封して30枚以上のデッキを作って対戦する。という限定構築戦です。

このマジック・リーグのいいところは

  • カードを持っていなくても対戦が始められる
  • 初心者同士で遊ぶのに最適
  • 初心者も上級者も同じ条件で対戦ができる
  • デッキを作る際に経験者のアドバイスを貰いながら構築ができる
  • ストレージボックス(カードを収納できる箱)やプロモカードが貰える

常時開催タイプのイベントなので、開催されている店舗に行くことがあればぜひ。カードを揃えないと対戦できない、というイメージを覆すイベントです。せっかくのTCGなのに対戦できないと楽しくないですからね。

ドラフト・パーティー

ドラフト・パーティー

自分が紙のマジックを始めるきっかけになったイベントです。人気の遊び方であるドラフトをカジュアルに楽しむことができるイベントです。

ブースタードラフトはあらかじめ用意したデッキではなくブースターパックを開封してその場でデッキを組んで対戦するリミテッドフォーマットです。

詳しい遊び方はここ

ドラフトの遊び方を教えてくれながら進行してくれるので、初めての方でも安心です。また、デッキケースと特製カードスリーブのプレゼントもあります。

ドラフトというフォーマットにハマっている人が多いのも頷けます。デッキを用意する必要がない遊び方なので、気軽に参加できます。

フライデーナイトマジック

金曜日はマジックの日!様々なフォーマットの対戦会という感じです。こちらも気軽に参加できるイベントとなっています。参加特典としてプロモカードの配布もしています。

スタンダード・ショーダウン

スタンダートフォーマットを利用した競技プレイヤー向けのイベントです。foilカードやレアカードなどが確定で収録されている賞品用パックも用意されています。デッキを作ったら参加したいイベントですね!

自分は青単テンポを組んで参加し、ショーダウンパックをゲットできました。嬉しい。



MTGアリーナの存在

最近オープンβが始まった、基本無料でマジックを遊ぶことができるDCGです。

英語ですが、僕はこのゲームでマジックの魅力に触れることができたので、気になっている方はぜひ。

マジック:ザ・ギャザリング未経験者でも分かる!MTGアリーナの始め方 紹介編

優しい人が多かった

中高生のような若い子からいい年したおっさんまで、たくさんのプレイヤーがいます。そしてそのプレイヤーの多くが、初心者にとても優しいです。プレイ時の宣言、ルールの説明、デッキや構築の話など…。対面で対戦をするからこそ、プレイヤーを大事にするという環境ができていると思います。

いや本当に、変な人がまったくいないというわけではないんですけど、想像よりずっと少ないです。あと1つ、これは自分の持論でもあるんですが、オタク特有のノリが嫌〜とかあるじゃないですか。もうカードショップ行っている時点でプライドなどかなぐり捨てるようなものなので、その独特なノリを楽しめるほうがきっと人生楽しめます。過度な迷惑行為とか、理論の押しつけとかは絶対にやめるべきですが。大学とかのサークルも一緒なんですけど、自分がやっていることを、他人の迷惑にならない範囲で、ぜひ精一杯楽しんでください。

用意したくなるもの

  • スピンダウンカウンター(20面ダイス)

マジックはライフが20なので、これで管理するみたいです。デッキビルダーセットや、パックが出るときに一緒に販売されるバンドルという製品にも同梱されています。

  • いくつかの6面ダイス

先攻・後攻を決めるときに、6面ダイスを2個振って決めるのが習慣みたいです。

また、クリーチャーが強化されたときの目印となるように、ダイスを置く習慣があります(+1/+1なら1の面を置く、みたいな)。そのため、いくつかあると安心です。

  • プレイマット

カードを大事に扱う、という観点から持っておきたくなります。あと対面で使っている人がいると欲しくなります。Amazonとかで売ってある、トランプを使ったマジックに使うような1000円くらいの黒のシンプルなやつも良いと思います。

  • カードスリーブ

デッキのカードを入れるのはもちろん、マジックのカードは高額な値段がつくカードも多いので、パックから引いたカードを保存するのにもあると安心です。

紙のマジックを触りたくなった理由

幼稚園の頃からカードを触るのはとても好きでした。小学生の頃はよく友達と対戦していましたし、一番の趣味でした。

しかし、歳を取るほどカードゲームをやらなくなります。

大学生になっても、周りにやってる!という友人は一人もいませんでした。

大学3年の後半になり、サークルなんかも引退して結構暇になった後、RPGもいいけどPCゲームがしたいなーと思い始めます。その時出会ったのがHearthstoneです。それでなんやかんやあって今に至ります(今は大学院2年)。

デジタルもめっちゃ楽しいんですけど、対面に人がいる、アナログで遊ぶカードゲームも格別に楽しいです。マジックはルールが豊富なのも魅力の1つですね。趣味として、楽しく続けていけたらいいなと思います。

おわりに

いかがだったでしょうか。

この記事が少しでも、マジックを始めるきっかけになったら嬉しいなと思います。

このような記事でよろしければ執筆依頼もお待ちしております。
以下のアドレス、もしくはTwitterまでご連絡ください。

suminekocat☆gmail.com
(☆を@に変えてください)

今回の記事について聞きたいことや、他にも書いてほしい記事、執筆の依頼があれば僕のtwiiterまでお願い致します。

Twitter:@sumineko_cat

Amazonのほしいものリスト

https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/1LLXP380QVG66?&sort=default

それでは