マジック:ザ・ギャザリング未経験者でも分かる!MTGアリーナの始め方 紹介編

2018年10月24日

今回は、日本時間で本日(2018/09/28)よりオープンβテストが開始された「マジック:ザ・ギャザリング アリーナ/Magic:The Gathering Arena(MTG:Arena)」の紹介と、プレイするために必要なルールの説明をしていきます。

僕のマジック:ザ・ギャザリングについての前提知識ですが、知っているカードは「」、「」、「ブラック・ロータス」の3枚のみ、ルールも知りませんでした。ですがルールや効果を覚え、デッキ考えるの楽しいなあ、という状況まで持っていけたので記事を書くに至りました。

MTGプレイしたかったけど機会がなかった方、周りに一緒にプレイできる友人がいなかった、という方、ぜひこの記事を読んで始めてみませんか?

この記事は紹介編となっております。
初心者の方でルールから知りたい!という方はもう1つの記事をどうぞ。
マジック:ザ・ギャザリング未経験者でも分かる!MTG:Arenaの始め方ルール解説編
両方読んでいただけるとより楽しめると思います。

このような記事を書いていますが、僕自身マジック:ザ・ギャザリングはド素人なので間違っている点があれば指摘していただけると幸いです。

Twitter:@sumineko_cat

今回の目次は以下のとおりです。

解説箇所に関してはで・ある調。紹介箇所に関してはです・ます調で書いています。混在して申し訳ありません。
それではどうぞ。

Magic:The Gatheringとは?

1993年にWizards of the Coast LLC社が発売したTCG(トレーディングカードゲーム)である。世界初のTCG、世界で最も遊ばれているTCGとして世界中で有名。プロツアーや世界大会が行われるなど、現在も多くのプレイヤーに遊ばれている。

ちなみにWizards of the Coast LLC社は、テーブルトークRPGで有名なDungeons&Dragonsポケモンカードゲームデュエルマスターズも手がけている。

MTG:Arenaの始め方

プレイに必要なもの

  • PC : OS…Windows7/8.1/10
  • 中学・高校で習うレベルの英語を読む気合
  • 分からないことをググる準備

インストール

  1. 公式ページより、クライアントをダウンロードする。
  2. ダウンロードファイルをインストール
  3. インストール完了したら起動
  4. WIZARDS ACCOUNTへの登録(持っている人はログイン)
  5. チュートリアル開始

チュートリアル

全部で5戦、チュートリアルがあります。1戦ごとに使えるカードの種類が増えていきます。

なんとなくマジック:ザ・ギャザリングのルールや効果が掴めますので頑張ってください。カードの効果などについては後半部分にまとめておきますので困ったら見てみるといいかもしれません。ちなみに、チュートリアルでは「Plains(白)」のデッキを使うことになります。

また、チュートリアルを終えると各色

  • 平地(Plains):白
  • 島(Island):青
  • 沼(Swamp):黒
  • 山(Mountain):赤
  • 森(Forest):緑

の単色デッキが貰えます。

チュートリアル後

まずはじめに、最新パックである「ラヴニカのギルド(GUILDS OF RAVNICA)」を3パックもらえるコードを入力しましょう。

上部分のメニューで「Store」を選択し、「Redeem Code」を押して

PlayRavnica

と入力してOKを押してください。すると最新パックの「ラヴニカのギルド」が3パックがもらえます。

その後はデッキを組みましょう。僕は初期デッキはつまらなく感じたので、赤白でデッキを組みました。赤白を選んだ理由は単純にビートダウンできそうなデッキが作れそうだったからです。あとは初期カード見る限りも良さそうでした。

その後は「Home」に戻ってPlayを押して2ゲームくらいやりましょう。すると、「ドラフト」や「シールド」、特殊構築戦が開放されます。



パックの買い方

1000Goldで1パック購入できます。
また、課金はGemsを購入という形になっています。PayPalでの課金ができるようです。

しかし、GoldやGemsは単純にパックの購入に使うよりも、以下の「ドラフト」や「シールド」で使用した方が楽しく、お得にカードを集めることができるようです。

プレイモードで手に入る報酬

クエスト

白色のスペルを○○枚使う、的なやつです。ゴールドが手に入ります。1日に1回変更できるようです。

デイリー報酬

勝つたびにもらえる報酬です。ゴールド、もしくはカード1枚が12勝するまで貰えます。1日毎(おそらく日本時間で午後6時)にリセットされます。

ウィークリー報酬

週毎の報酬です。5勝、10勝、15勝でパックをもらえます。週毎にリセットされます。

様々な遊び方

紹介をしていますが僕はまだプレイできていません。内容は以下の通りです。

ドラフト

未開封の15枚入りブースターパックを3つずつ用意します。プレイヤーはパックを開けて欲しいカードを1枚選び、残りを次のプレイヤーに渡します。次のカードを受け取り、そこからまたカードを1枚選んで、残りを次のプレイヤーに渡します。これをすべてのカードが選ばれるまで繰り返します(他のプレイヤーが何を選んだのかは見てはいけない)。選んだカードに基本土地を好きなだけ加え、40枚デッキを組みます。

選んだカードはコレクションに加えることができます。
3敗するまでの勝ち数に応じて報酬が増えます。

入場料 750Gems or 5000Gold

報酬

0勝 50Gems & 1Pack
1勝 100Gems & 1Pack
2勝 200Gems & 1Pack
3勝 300Gems & 1Pack
4勝 450Gems & 1Pack
5勝 650Gems & 1Pack
6勝 850Gems & 1Pack
7勝 950Gems & 2Packs

2018/09/28現在では、2019基本コレクションでのドラフトが行われています。

シールド

未開封のブースターパックのカードでデッキを組みます。カード15枚入りのブースターパックを6パック開け、自分のパックから出たカードに基本土地を好きなだけ加えて、40枚デッキを組みます。

開封したパックのカードはコレクションに加えることができます。
3敗するまでの勝ち数に応じて報酬が増えます。

入場料 2000Gems

報酬

0勝 200Gems & 3Packs
1勝 400Gems & 3Packs
2勝 600Gems & 3Packs
3勝 1200Gems & 3Packs
4勝 1400Gems & 3Packs
5勝 1600Gems & 3Packs
6勝 2000Gems & 3Packs
7勝 2200Gems & 3Packs

2018/09/28現在では、2019基本コレクションでのシールドが行われています。


ドラフト」や「シールド」では、試合をするために使う、パックから引いたカードもコレクションに加えることができるため、カード収集の効率は良いようです。

特殊構築戦

2018/09/28現在では、基本土地以外のカードを1枚ずつしか入れてはいけない、というルールの構築戦が行われています。入場料は無料で、2敗するまでの勝利数に応じたレア度のカードが貰えるようです。

カード生成の方法

HearthstoneやShadowverseなどの、余剰カードを分解する、とは違った形となっています。ワイルドカードと呼ばれるカードがコモンアンコモンレア神話レアのそれぞれに対応して存在し、そのワイルドカード欲しいカードを交換できるようになっています。

ワイルドカードの入手方法について詳細が分かったら追記します。

プレイした感想

マジック:ザ・ギャザリングが王道のTCGということで、比較できることは王道のDCGであるHearthstoneを比較対象にしておきます。

  • サクサク感

HS > MTG:Arena

インスタントという相手ターンに使用できるカードの存在と、効果による処理の順序の複雑さによる影響が大きいです。しかし、その分カードごとの演出は控えめに作ってあります。やはりスマートフォンへの展開を見据えていることを考えられます。

  • 世界観

元々世界観が展開されているものなので、知っている人が知っているのかもしれませんが、世界観などに関しては語られません。また、現在は一人用プレイモードなども用意されていなかったので、余計な要素を省いた純粋なオンラインカードゲーム、という印象です。

  • カードの集まりやすさ

まだはっきりは分かりません。しかし、簡単に集められそうにはないです。

  • デッキ構築の楽しさ

MTG:Arena >= HS

60枚ものデッキ、複数の属性を扱うことができるルール、サイドデッキの存在も相まって楽しいです。僕が未経験者ってのもありますが。

  • シールドやドラフトの実装

実験段階だとは思いますが、TCGでプレイしている方にとっては嬉しいのではないでしょうか。僕はこのへんのルールでのプレイをしたことがないのでぜひ体感したいところです。

おわり

昔からプレイしたいと思っていたマジック:ザ・ギャザリングをようやくプレイすることができました。まだまだ分からないことだらけですが、少しずつプレイしてみようかなと思います。

ルールに関しては、MTG:Arenaの始め方 ルール解説編をお読みください。この記事を読めば、英語が分からなくてもプレイをするには困らないと思います。

このような記事でよろしければ執筆依頼もお待ちしております。
以下のアドレス、もしくはTwitterまでご連絡ください。

suminekocat☆gmail.com
(☆を@に変えてください)

今回の記事について聞きたいことや、他にも書いてほしい記事、執筆の依頼があれば僕のtwiiterまでお願い致します。

Twitter:@sumineko_cat

Amazonのほしいものリスト

https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/1LLXP380QVG66?&sort=default

それでは